工場の製造系の求人

工場で製造系ってどんな仕事があるの?

工場の求人でよく見かける「製造系」ですが、実際はどんな仕事をしているのでしょうか。製造は「原材料を加工して製品の素になる品物を作る」という仕事です。食品工場なら、ハムやソーセージといった加工された商品を作る工程に関わる作業を「製造」といいます。小さなところだと専門の職人さんがやっている場合もありますが、大きな工場では機械を取り入れて効率的に作業を行っているところが多いです。機械と一緒に加工工程を行う人を「マシンオペレーター」といいます。求人で見つけたときに「マシンオペレーター業務」と書いてあったら、それは製造の過程で機械を扱う仕事です。このように、製造といっても少し違いがあるので事前に確認しておくと納得して応募することができます。

工場の求人はその内容を細かくチェックしよう

工場の製造業務の仕事は、いつも人手不足だと言われています。では、その製造業務に応募するときにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。まず、求人の際に書かれている作業内容をチェックします。作業内容を確認すれば、手先の器用さが必要になるのか体力が必要なのかを判断することができるので、応募するときには確認しておきます。次に、給与や職場環境を確かめておく方が良いでしょう。工場の求人ではだいたい時給で書かれているので、それとほかの手当などがあればそこも含めて月収がどれくらいになるのかを計算しておきます。また、職場見学などができる場合は参加をして、実際にどんな様子なのかを確認すると自分に合いそうかを考えるポイントになります。残業の有無も確認しておくと、プライベートの時間を持つことができるかを考えて応募するかを決められるでしょう。