契約社員の工場の求人

雇用形態の条件を確認しておこう

契約社員として工場で働く場合は、雇用形態の条件を確認しておきましょう。同じ契約社員でも、その違いによって働き方に差がでてきます。たとえば「契約社員」とは、その言葉通り「契約期間が定められた社員」になります。企業側から雇用されており、フルタイムと短時間の2種類が多いです。契約社員の中には、パート・アルバイトや期間工などもあり、それぞれで提示される条件は違います。契約社員は一般的に正社員よりもお給料は高額である場合が多く、その代わりに社会保険や賞与はもちろん各手当、福利厚生などの待遇を受けられないといったデメリットもあることを理解しておきましょう。また、2013年の改正により勤続5年以上になった契約社員は、本人が希望すれば「無期契約社員」として契約を切り替えることも可能になりました。

契約社員として働く意味とは?

工場には正社員のほか、契約社員もたくさん働いています。契約社員や正社員など、雇用形態を選択するときにはいくつか考えなければいけないことがあります。それは「その企業・会社でずっと働きたいか」ということです。正社員と契約社員では給与面で大きな差がありますが、その理由は長く雇うか一時的なサポートかの違いです。正社員として長くその企業で働く場合は、企業側も何があってもできるだけ正社員の給与を保証する必要があるため少し抑えた給与を提示します。契約社員は企業側は必要以上に保証する必要がなく、また短期間で辞めていく人が多いことから給与は少し高めになっているのです。なので、働くときには雇用形態を考える際に「その企業で長く働きたい」と思うかどうかが大切です。

寮の求人は、学生寮のそれが多いです。求人の内容は調理スタッフ、清掃スタッフ、寮管理などがあります。こうしたスタッフは女性が多い傾向にあります。